無職で迎えた新時代・平成から令和へ

わたくしは、しがらみん。アラフォー漂流おひとりさまだ。

さて、平成から令和となった。
といっても、何か生活が変わるわけでもない。けども、一つの区切り・節目といった印象だ。
無職で迎えた令和。新しい仕事を決めなくては・・。

失業して3ヶ月・今の気持ち

無職になってから、3ヶ月の時が流れてしまった・・。
早い。あまりに何もやっていなくて焦っている一方で、この生活に思った以上に慣れてしまい、このまま働かずに済むなら働かずともよい、とすら思う。

「働かないでいると飽きてきて、働きたくなる」というようなことは、あまりない。

もともとひとりであれこれやることが好きなほうだ。こうして無職でいても、やることがたくさんあって、やりきれなくて焦っている。
無職の時間は限られているというのに・・。働きはじめたら、日銭を稼ぐ労働に時間をとられて、ほとんど何もできなくなるから今のうちにやっておきたいのに・・。

以前の記事でも書いたが、自分でもよくわからない心理状態だ。

あらゆる悩みの源泉は、人間関係

他者と関わることが疲れる。
これからまた働くとして、労働の日々で人と関わることを想像するだけで、ものすごい疲労感に包まれる。年を重ねるにつれ、新しい環境・新しい人間関係を築くのが、非常に億劫だ。
あらゆる悩みの源泉は、人間関係だと思う。

とはいえ、働かずに暮らせるほどの蓄えも当然なく、また適度に人と接したほうがいいという気持ちもあるので、働こうとは思っている。
たとえ表面的であっても、他者と会話するきっかけになる労働は、意味があると思う。

平成から令和へ・『未来』

最近、執拗に聴いてた曲。ノーナ・リーヴスの未来。
ちょうど平成から令和にかわるというタイミングで、グっときた。
歌詞がとても率直でまっすぐでいいんだよな。

created by Rinker
¥3,036 (2021/10/16 15:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

ポジティブな気持ちになる。

ポジティブな気持ちになると言えば、最近偶然読んだブログが、すごく前向きでよかった。
こういう考え方もあるなあ・・と。

もともと私は内省的な人間で、ネガティブなところから考えはじめてしまうほうだが、自分とはまったく異なる他者の思考回路を垣間見ると、「なるほど・・」と思う。

負の感情は疲れる。根拠のないポジティブ思考は危険な部分も多いが、けっこう救われる。

失業・無職

Posted by しがらみん